迷馬の隠れ家 はてな本館

旅好き・馬ぐるみゃー・オジアナヲタクな主婦の、雑多なコンテンツですw

radikoプレミアムで聞く、オススメの番組w

本来は、オグりんのG1馬券予想の時間だが、どうも成績がイマイチなのと、流石に競馬に集中できる時間が、農作業をやってると難しくなってきてるんで、今週は休止…代わりに、今回はこの4月から始まったradikoの新サービス“radikoプレミアム”を使って、とりあえず聞いてみた、全国のラジオ番組から、“コレ、マジオヌヌメ”ってヤツをご紹介…w もちろん、オイラの好みが軸なんで、感覚的に個人差がある訳で…但し、現在、日本全国にある68局中、62局が聴取可能だけど、放送局の都合で“加入漏れ(MBSがコレ該当w)”とか、プロ野球中継以外放送しない(RCCがコレ)等の制限があるw(ま、事情としては各放送局の言い分がある訳なんだけど…)あと、毎月350円(+税)の有料サービスなので、クレジット決済か、フレッツ、または一部キャリアの利用料合算払いにしてないと使えない。(てか、クレジットカード払いの場合、利用上限に達してると、使えなくなるw)
ま、とはいえ、日本中どこでもWiFi、または携帯キャリアの電波が届く限り、自分の好きなラジオ番組を、地元以外でも聞けるのは非常に便利だし、場合によっては“遠方リスナー”として認識してもらえる可能性がある。(実際にSTVの番組にちょっかい掛けて、スタジオを騒然とさせたのをオイラですw)当然ながら、全国のラジオ局が“全てライバル”となるから、結構シビアな事になりやすい。事実、ラジオNIKKEIがここんトコ、リスナーポイントが向上してる背景には、radikoで“全国どこでも”聞けるラジオ局扱いであるため、主に競馬ファンで、FNS系の中継に辟易してる人達が、競馬場やWINSで流れているのと同じ実況アナの声が聞けるとあって、そっちへシフトしてる…と仮定していいと思う。
さて…では、この1ヶ月少々でオイラが聞いてみたラジオで、オススメの番組(主に午前中心だが…)をピックアップすると…
首都圏の番組で言えば、まずはTBSラジオの“大沢悠里のゆうゆうワイド”が初心者向けかと。そもそも、TBS自身はラジオに関しては結構いい番組が揃ってるんだが、その中でも、一番落ち着いて聞けるのはコレ。ま、この時間帯は、結構古くからやってる番組が多く、各局、群雄割拠なトコだけど、その中でも、一番“邪魔にならない”のがこの番組の特徴と言って良いかも。但し、10:30頃にある“毒蝮三太夫のミュージックプレゼント”の枠は、かなり好みが分かれるかと…とはいえ、全体として悠里アナの語り口調がクセになるのは間違いないし、なにより本当に“ラジオ好き”な人間が、この番組を作ってるというのがよくわかる番組です。
続いて、北海道STVラジオから、これは週末の番組なんだが、“ウィークエンドバラエティ日高晤郎ショー”は、メチャクチャクセになる番組と言って良いかも。放送時間が10時間とロングレンジではあるが、何でそうなったかは、一回でも聞けばわかるw とてもテンポ良く、しかも朝っぱらから下ネタ全開w(もちろん、放送ギリギリの範囲ですよ!!)途中で話が“方向音痴”になる事も…しかし、それは俳優として、そして北のラジオパーソナリティーとして長年培った日高氏だからこそ成せる技。しかもこの番組、OBCで昔やってた番組“歌って笑ってドンドコドン”のノリに近く、早朝から(!!)スタジオにリスナーを入れて、ドタバタやってる様は、あのノリがわかるモンなら、多分たまらんw でも、常連リスナーがハマるのがわかるほど、番組のテンポが良くて、10時間があっという間に過ぎてしまう事は間違いない。
次、中部・甲信越から、CBCラジオの“つボイノリオの聞けば聞くほど
をチョイス。ま、つボイ信者であればお察しかと思うが、朝からなにやってんすかw(褒め言葉)とにかく、上記の2番組以上に、際どいネタがポンポンとw しかも、一部のゲストを“ゲスト”として扱わない(!!)加減が…もうね、gdgd感全開で、完全に脱力系ですw しかし、話の核心に付いては、一切ブレがないのが流石。もちろん、このノリが好きだって人なら、KBS京都ラジオで土曜夕方にやってる“つボからボイン”って番組も必聴かも…この人自身、元々KBS京都には縁があり、“ハイヤングKYOTO"っていう伝説の若者向け番組で、大暴走しまくった歴史がある。で、この番組等であの“金太の大冒険”等の“迷曲”が誕生した訳で…w
ま、話の続きみたいに、地元・関西のラジオ番組からピックアップするなら、やはりそこはCRKの“青春ラジメニア”は鉄板中の鉄板!! 昨今の、いわゆる“アニラジ”系番組の中でも老舗中の老舗にして、25年以上の歴史がある、由緒正しき(?)“アニソン専門番組”…でも、その歴史はもっと古く、そもそもは深夜番組のコーナー“アニメ玉手箱”ってが、番組として昇格し、放送時間で紆余曲折があって、現在に至る、パーソナリティの岩崎和夫アナの“ライフワーク”番組ですw あ、ちなみに岩崎アナ、その前日の朝に“情報アサイチ”も担当してますよ。月〜木の三上公也アナのバージョンと違って、かなりマニアックです…いろんな意味でw ラジニケの旗日番組として人気急上昇中の“アニソンポッド”の“兄貴分”的番組なんで、いつかコラボやってくんないかなと密かに期待してる訳でして…w(多分、せんとくんが目指してるノリは、コレだと思う訳で…)
さて…ここで紹介できる範囲で最後に紹介するのは、RBCラジオの“民謡で今日拝(ちゅううが)なびら”…ま、地元では16時に放送してる、RBCの長寿番組にして、琉球方言全開の1時間番組。しかもこの番組、ラジニケ第1で19時に“再放送(タイムシフト放送)”してる、摩訶不思議な番組w 琉球民謡が好きな人にとって、非常にマニアックにして、完全に沖縄県民&沖縄県人でないと、話が通じないw そして、リクエストは、ハガキとFAXのみと、実にアナログな番組ですw でも、沖縄の“本音”という部分を少しでも理解しようと思うなら、一度は聞いた方が良いかも…でも、さっきも書いたが、琉球方言で出演者全員が喋るモンだから、初心者には訳がわからん事もw(いや、マジで)
今んトコ、まだ四国や山陽・山陰方面の番組が聞けてないんでアレだが、今の段階なら、ここら辺が、初聴でも楽しめる番組ではと思うw もちろん、ここでは紹介しきれん番組があるのだが(十人十色とか、PAO〜Nとか…)、なんで、せんとくんが“たまむすび”をスマホで聞きまくってるのか、ちょっと理解できるかも?